ホーム > >労働関連ニュース > 契約締結の在り方提示へ――厚労省・多様な正社員で懇談会設置

契約締結の在り方提示へ――厚労省・多様な正社員で懇談会設置

2013年9月23日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、「多様な正社員」の普及・拡大のための有識者懇談会(座長・今野浩一郎学習院大学教授)をスタートさせた。職務や勤務地などを限定した「多 様な正社員」(ジョブ型正社員)を導入するに当たって必要となる雇用管理上の留意点について調査・検討する考えで、来年8月以降に報告書をまとめる予定で ある。具体的には、労働契約締結・変更時の労働条件明示、正社員との処遇均衡、相互転換制度のあり方などがテーマとなる。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ