ホーム > >労働関連ニュース > 建設業で標準見積書の一斉活用開始――社保加入促進

建設業で標準見積書の一斉活用開始――社保加入促進

2013年10月 7日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

国土交通省は9月26日、建設業の元請団体や専門工事業団体などで構成する「社会保険未加入対策推進協議会」を開き、保険加入の徹底に向けて、法定福利費 を内訳として明示した標準見積書の一斉活用を開始する申し合わせを採択した。専門工事業49団体がすでに標準見積書を作成しており、申し合せを受けて活用 を始める。国交省は10月中旬以降、元請・下請企業にアンケート調査を実施し、一斉活用開始直後の実態を把握する。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ