ホーム > >労働関連ニュース > クーリング期間を復活――厚労省・12月から雇調金要件を厳格化

クーリング期間を復活――厚労省・12月から雇調金要件を厳格化

2013年10月14日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、12月1日から雇用調整助成金の支給規模を大幅に縮小する。平成20年秋のリーマン・ショック以降の雇用情勢の悪化に対応するため、累次に わたって支給要件緩和を進めてきたが、「行き過ぎた雇用維持」との指摘があり、一昨年から順次見直しを図ってきた。今年12月からは、クーリング期間や休 業規模要件の復活、特例短時間休業の改定、教育訓練費の減額など各種の規模縮小を実施する。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ