ホーム > >労働関連ニュース > 第三次産業へ集中立入――埼玉労働局

第三次産業へ集中立入――埼玉労働局

2013年10月21日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

埼玉労働局(代田雅彦局長)は、第三次産業に対する集中的な立入調査を初めて実施した。労働時間、割増賃金を中心に6割超の事業場で労働基準関係法令違反 が発覚している。労務管理実態を正確に把握するため6業種から無作為に対象事業場を抽出したもので、とくに清掃・と畜業で労働時間違反、接客娯楽業で割増 賃金違反が多かった。申告件数に占める第三次産業の割合が年々増加し、直近の調べで4割に上っていることが背景にある。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ