ホーム > >労働関連ニュース > 「本社で安全衛生管理」が主流――厚労省・企業単位指導へ法改正

「本社で安全衛生管理」が主流――厚労省・企業単位指導へ法改正

2013年10月21日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

ほとんどの企業が事業場の安全管理・健康管理・労務管理を本社で統括していることが、厚生労働省が実施した実態調査で分かった。現在検討中の労働安全衛生 法改正では、現行の事業場単位指導から企業単位で改善させるための新たな仕組みを設ける方向で議論が進んでおり、その基礎データとしてまとめた。労働災害 が発生した場合も、本社で情報を取りまとめて共有した後、事業場へ再発防止の指導を実施している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ