ホーム > >労働関連ニュース > 爆発事故 "危険認識力"欠如が原因――石化協

爆発事故 "危険認識力"欠如が原因――石化協

2013年11月18日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

石油化学工業協会(小林喜光会長)は、近年危険性の認識不足を背景にした重大事故がめだつとして、安全文化に関するトップセミナーの開催やベストプラク ティス集の作成に着手する方針である。事故分析で現場の危険認識能力や技術の理解に問題があることが判明。経営トップの強い関与が必要として、他社との意 見交換や相互啓発の場を設けるのが狙いだ。非定常時のリスクアセスメントの推進などを盛り込んだ行動計画の一環で、具体的な中身については今年度中に決め る

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ