ホーム > >労働関連ニュース > 月107時間残業させ脳疾患――東大阪労基署

月107時間残業させ脳疾患――東大阪労基署

2013年12月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪・東大阪労働基準監督署(山本博署長)は、労働者が脳疾患を発症したのは長時間労働に原因があるとして、プラスチック製品製造業の辻本化成工業㈱(大 阪府東大阪市)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で大阪地検に書類送検した。36協定を締結せずに労働者3人に1カ月最大 107時間の時間外労働に従事させた。繁忙期のため休日出勤が連続していたという。必要な是正措置を講じず健康障害を発生させた点を重くみている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ