ホーム > >労働関連ニュース > 派遣元の許可制一本化・使用者側が基準緩和要求――厚労省審議会で

派遣元の許可制一本化・使用者側が基準緩和要求――厚労省審議会で

2013年12月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、労働者派遣法改正を検討している労働政策審議会労働力需給制度部会において11月中旬までに労使の意見が出尽くしたものの、主要な検討項目 で合意に至らなかったことを明らかにした。政令26業務の存続を主張する労働者側に対し、使用者側からは「維持は困難」とする声もあり、依然対立してい る。全ての派遣元を許可制に移行させる問題については、労働者側が許可基準を現在より厳格化すべきとしたが、使用者側は逆に資産要件などを引き下げるべき と訴えており、意見調整は困難となっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ