ホーム > >労働関連ニュース > 指導期間中に虚偽報告――大阪労働局

指導期間中に虚偽報告――大阪労働局

2013年12月16日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(中沖剛局長)は、是正指導の期間中にもかかわらず、虚偽報告をしたとして一般派遣元事業主のアール・オー・エス・ビジネス(株)(大阪市西 区)に対し労働者派遣法に基づく事業改善を命令した。全契約内容を確認したうえで法違反はなかったと報告していたが、その後の立入調査により2カ所の派遣 先で派遣可能期間を超過していたほか、自治体の窓口業務での〝偽装請負〟が判明した。再三の行政指導に従わなかった点を重視して処分に踏み切っている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ