ホーム > >労働関連ニュース > 企業単位指導を提言――厚労省・安衛分科会報告案

企業単位指導を提言――厚労省・安衛分科会報告案

2013年12月16日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省の労働政策審議会安全衛生分科会は、報告書「今後の労働安全衛生対策について」をまとめた。昨年の臨時国会で廃案となった労働安全衛生法改正案 に6項目を追加し、合計9項目にわたる検討を行った結果、新たに企業単位で安全・健康に対する意識変革を促進するしくみの導入、欠陥のある機械等の回収・ 改善対策の強化、第三者に施設等を使用させる管理者の安全衛生管理充実、第三次産業の安全衛生管理体制の適正化などに取り組むべきであるとしている。厚労 省では、同報告書に基づき安衛法改正案を作成し、次期通常国会に提出する予定である。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ