ホーム > >労働関連ニュース > 福祉施設 申告監督10年で2倍超も――大阪労働局

福祉施設 申告監督10年で2倍超も――大阪労働局

2013年12月23日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(中沖剛局長)は、社会福祉施設に対する監督指導結果を取りまとめた。労働基準法違反に基づく申告監督の件数がここ10年間で約2.4倍も増加 し、過去最高となっていることが分かった。所定労働時間後に行われる会議や書類作成時間が時間外労働として取り扱われない、休日出勤の割増賃金が支払われ ないなど、サービス残業や賃金不払いに関する違反が3~4割と多数を占めている。解雇予告手当の不払いも少なくない。新規参入の増加などにより社会福祉施 設の数が急拡大し、それに伴って労使トラブルが多発していることが背景にある。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ