ホーム > >労働関連ニュース > 不払残業遡及払いが18億円に――東京労働局

不払残業遡及払いが18億円に――東京労働局

2014年1月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京労働局(伊岐典子局長)は、平成24年度における賃金不払い残業の是正結果をまとめた。割増賃金が適正に支払われていないとして是正指導した2300 社のうち、訴求支払額が100万円以上になった企業は125社、支払い額は計約18億円に上った。企業数、支払い額ともに商業が最も多い。導入要件を満た さないまま企画業務型裁量労働制を適用するなど、みなし労働時間制を不適正に運用するケースがめだつ。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ