ホーム > >労働関連ニュース > フレックスの清算期間短い――厚労省・労働時間弾力化で調査結果

フレックスの清算期間短い――厚労省・労働時間弾力化で調査結果

2014年2月 3日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、現在検討している企画業務型裁量労働制とフレックスタイム制などの規制緩和に向けた実態調査結果を明らかにした。企画業務型裁量労働制で は、対象業務の範囲について「現行のままでよい」とする事業場が4割、「狭い」が2割強だった。「狭い」と回答した事業場の7割強が、「労使委員会での合 意」を前提として範囲拡大すべきであるとしている。フレックスタイム制に関しては、5割弱の事業場で「運用上不便を感じる」とし、その理由として9割強が 「精算期間が短い」ことを挙げた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ