ホーム > >労働関連ニュース > 25歳未満の常勤4%弱――ビルメン協会

25歳未満の常勤4%弱――ビルメン協会

2014年3月24日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

公益社団法人全国ビルメンテナンス協会(一戸隆男会長)は、経営環境に関する実態調査を取りまとめた。25歳未満の常勤従業員の割合が3.7%にとどま り、将来を担う若年層の確保・育成が大きな課題になっていることが分かった。雇用環境上の悩み事でも「作業員が集まりにくい」が59.2%と前年比10%以上増加するなど、パートタイマーを中心に業界全体の人材不足が深刻化している。近年の景況回復を手放しで喜べない事情が浮き彫りとなった。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ