ホーム > >労働関連ニュース > 派遣料金の抜本的見直しを呼びかけ――日本添乗サービス協会

派遣料金の抜本的見直しを呼びかけ――日本添乗サービス協会

2014年3月24日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

一般社団法人日本添乗サービス協会(山田隆英会長)は、派遣添乗員の処遇を改善するため、派遣先である旅行会社に対して派遣料金の抜本的な見直しに向けた 検討を呼びかけている。このほど作成した派遣先旅行会社向け冊子のなかで、国内添乗業務の時給が最低賃金に近い水準にとどまっており、添乗員が定着しない 要因の1つに賃金の低さがあると指摘。さらに派遣料金が専門26業務のうち3番目に低いという現状が低賃金につながっているとして、派遣料金の引上げを求 めている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ