ホーム > >労働関連ニュース > 好循環へ真摯な議論の跡~中堅層もベア1500円――14春闘・第2陣

好循環へ真摯な議論の跡~中堅層もベア1500円――14春闘・第2陣

2014年4月 7日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

業界大手を含む中堅・中小クラスの賃上げ状況を本紙が探ったところ、「ベースアップ」で春闘交渉を終えた企業の平均妥結額は1500円ほどで推移していることが分かった。昨年、賃金カーブ維持で終わった同一47組合の平均は1350円となり、交渉のテーブルに着いた多くの労使が、経済の好循環に向け真摯な議論を交わした跡がうかがえる。電機1898円、機械金属1416円、流通2077円などとなり、長らく続いた定昇春闘とは一変、違った風景が広がりつつある(6面に回答・妥結状況一覧)。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ