ホーム > >労働関連ニュース > 健康起因事故防止へマニュアル――全ト協

健康起因事故防止へマニュアル――全ト協

2014年6月 9日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

全日本トラック協会(星野良三会長)は、トラック運転者の体調不良による交通事故を撲滅するため、トラック運送事業者や運行管理者が実施すべき健康管理のポイントを示した「健康起因事故防止マニュアル」を作成した。定期健康診断の受診指導の進め方や健診後の措置、睡眠時無呼吸症候群(SAS)対策、点呼時を活用した健康状況の把握方法などを盛り込んだ。運転者全員の受診をめざし、配車シフトを工夫するほか、受診拒否者への指導を徹底すべきとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ