ホーム > >労働関連ニュース > 実習生受入先 違法な長時間労働が横行――大阪労働局

実習生受入先 違法な長時間労働が横行――大阪労働局

2014年6月23日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(中沖剛局長)は、外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導結果をまとめた。8割を超える事業場で労働基準関係法令違反が判明し、過去5年間で最も違反率が高くなっていることが分かった。月80~100時間に及ぶ違法な時間外労働に従事させているケースがめだつ。入国管理局からの通報などをきっかけに立入調査している。技能実習生を実習実施機関にあっせんする監理団体への調査でも、立入先のすべてで労働条件の不明示などの違反が発覚している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ