ホーム > >労働関連ニュース > 特定派遣元8割へ是正指導――東京労働局

特定派遣元8割へ是正指導――東京労働局

2014年7月 7日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京労働局(西岸正人局長)は、平成25年度に派遣元・先企業と請負事業者・発注者に実施した個別指導監督結果をまとめた。労働者派遣法違反などを理由に是正指導を行った派遣元・先は調査対象事業所の6割で、とくに特定派遣元は是正指導割合が約8割と高い。派遣労働者への派遣料金額の明示違反やマージン率の情報提供違反など、24年10月施行の法改正に適切に対応していないケースのほか、派遣契約書の不備が多い。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ