ホーム > >労働関連ニュース > 職業紹介含む14社を処分――大阪労働局

職業紹介含む14社を処分――大阪労働局

2014年8月 4日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(中沖剛局長)は、平成25年度に派遣元・先事業者および職業紹介事業者などに行った個別指導監督と行政処分の状況をまとめた。調査に入った派遣元・先の4割強で労働者派遣法違反などが発覚し是正指導している。派遣労働者の氏名や無期雇用者か否かを派遣先に通知していない派遣元、マージン率の情報提供をしていない派遣元がめだった。全国で初めて派遣法違反を理由に2社に事業許可の取消しを行うなど、派遣元・職業紹介事業者に対する行政処分は14社に上っている。処分件数は東京を抜いて延べ25件となり、全国の処分件数の4割弱を占めた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ