ホーム > >労働関連ニュース > 年休を「欠勤」扱いし送検――大阪労働局と2労基署

年休を「欠勤」扱いし送検――大阪労働局と2労基署

2014年9月15日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(中沖剛局長)は、労働者が年次有給休暇を取得した際に賃金を支払わず「欠勤」扱いとした㈱リラックスマネジメントとそのグループ企業1社、および両社取締役の計2法人1人を労働基準法第39条(年次有給休暇)違反などの疑いで大阪地検に書類送検した。同グループは1店舗当たりに十分な人員を配置せず、慢性的な人手不足状態だったことを理由に年休を認めなかった。合計3度の是正指導に応じなかったため、同労働局が管内2労働基準監督署と合同で強制捜査を行った。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ