ホーム > >労働関連ニュース > 限定正社員導入へ1社当たり40万円――厚労省が助成金新設

限定正社員導入へ1社当たり40万円――厚労省が助成金新設

2014年9月22日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は平成27年度、「正社員実現加速プログラム」の一環として、勤務地・職務限定正社員制度を新しく導入する企業を支援する助成金を創設する。キャリアアップ助成金に助成項目を追加するもので、同制度を導入し、実際に雇入れを行うと、中小企業に1社当たり40万円、大企業に同30万円支給する。加えて、有期・無期契約労働者を勤務地・職務限定正社員として再契約すると、中小企業に1人当たり30万円、大企業に同20万円支給する。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ