ホーム > >労働関連ニュース > 厚労省が「計画」を認定――臨時国会に女性活躍推進法

厚労省が「計画」を認定――臨時国会に女性活躍推進法

2014年11月 3日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、臨時国会に女性活躍推進法案を提出した。常時雇用する労働者301人以上の企業に対し、女性の登用率の目標や取組み内容をなどを明らかにした「一般事業主行動計画」を作成し、厚生労働大臣に届け出なければならないとした。同計画は、労働者に周知すると同時に、外部に向け公表する必要がある。労働者300人以下の企業は努力義務としている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ