ホーム > >労働関連ニュース > 安全衛生マル優制度で認定基準案――厚労省

安全衛生マル優制度で認定基準案――厚労省

2014年11月17日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、労働安全衛生に関する優良企業評価基準(案)をまとめた。「過去3年以内に労働関係法令の違反で送検されていない」など○×方式で判定する項目と、企業の積極的な取組みを評価する加点項目の双方で評価し、総合点で8割以上獲得している必要がある。優良マークの認定を受けた企業は、商品などの広告、ホームページや事業場での表示、労働者募集に供する広告・文書に活用できる。厚労省は、優良マークの認知度向上に力を入れるとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ