ホーム > >労働関連ニュース > 村木厚子厚生労働省事務次官特別インタビュー――危機感持ち「全員参加」促進

村木厚子厚生労働省事務次官特別インタビュー――危機感持ち「全員参加」促進

2015年1月12日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

労働新聞社では、労働新聞3000号に到達したのを記念し、村木厚子厚生労働省事務次官に、来年度の労働政策の行方についてインタビューを実施。「全員参加」「人材の社会的最適配置」が、重要な課題としている。臨時国会で廃案となった女性活躍推進法案は次期通常国会に再提出する予定だが、労働者派遣法改正案は対応を検討中としている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ