ホーム > >労働関連ニュース > 正規雇用化を重点支援――東京都が長期ビジョン

正規雇用化を重点支援――東京都が長期ビジョン

2015年1月19日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

すべての人が希望を持って活躍できる社会をめざし、非正規雇用者の正規雇用転換を重点的に支援――東京都は、今後10年間の施策方針を示した「東京都長期ビジョン」を策定した。非正規就労経験が長い30代~40代の求職者向けに、研修と紹介予定派遣を組み合わせた雇用支援プログラムを実施するなどして、3年間で計1万5000人の正規雇用化を図るとした。正社員転換に取り組む企業を対象とした独自の助成金制度も創設する。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ