ホーム > >労働関連ニュース > ビッグデータ活用促進へ技能認定制度を――近畿23商議所が提言

ビッグデータ活用促進へ技能認定制度を――近畿23商議所が提言

2015年2月23日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

中小企業におけるビッグデータの活用に向けて人材育成支援策の強化を――大阪商工会議所など近畿2府5県の23商工会議所で構成する「近畿商工会議所連合会ビッグデータ活用研究会」は、「中小企業におけるビッグデータの活用促進に関する要望」をまとめ、政府のIT戦略本部や経済産業省などに意見書を提出した。データ分析に関する高度専門人材の技能認定制度の創設や、社員にデータ分析の基本的スキルを習得させる際の費用補助など公的支援の拡充を求めている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ