ホーム > >労働関連ニュース > 地方への雇用移転で税制優遇――厚労省・27年度税制改正

地方への雇用移転で税制優遇――厚労省・27年度税制改正

2015年2月23日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は平成27年度、現行の雇用促進税制を大幅に改変・拡充する方針である。地方における企業拠点の強化を促進するための税制優遇に軌道修正するもので、地方にある本社において雇用者数を増加させた場合、1人当たり最大50万円の税額控除を行う。増加させた雇用者が東京23区内からの移転による場合は、さらに優遇し1人当たり3年間で最大140万円の税額控除を可能にする意向である。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ