ホーム > >労働関連ニュース > 中小企業活性化で条例案――川崎商工会議所

中小企業活性化で条例案――川崎商工会議所

2015年4月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

神奈川・川崎商工会議所(山田長満会頭)は、川崎市内の中小企業活性化に向けた成長戦略に関する条例案をまとめ、福田紀彦川崎市長と川崎市議会の浅野文直議長に手交した。事前に実施したヒアリング調査の結果を踏まえ、人材の育成・確保対策を盛り込んでいる。条例が制定された際に中小企業の活性化が順調に進行するよう、PDCAサイクルが回る仕組みとする。商工会議所による、中小企業活性化を目的とした条例案作成は全国的にも異例としている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ