ホーム > >労働関連ニュース > 雇用仲介事業・柔軟なサービス提供へ法改正めざす――厚労省が検討会設置

雇用仲介事業・柔軟なサービス提供へ法改正めざす――厚労省が検討会設置

2015年4月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、雇用仲介業者等の在り方に関する検討会をスタートさせた。職業紹介、求人広告、委託募集、労働者派遣など雇用仲介に係る法令、制度を総合的に見直して、迅速かつ柔軟なサービス提供の仕組みを整備する意向である。併せて、近年のIT化に対応した新たな事業モデルの提案も行う予定。職業紹介事業者を対象とする調査によると、紹介事業を行いやすくするための規制緩和や悪質業者に対する取り締まりの強化を求める声が多い。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ