ホーム > >労働関連ニュース > 「健康事業所宣言」事業を開始――協会けんぽ福島支部

「健康事業所宣言」事業を開始――協会けんぽ福島支部

2015年5月 4日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

全国健康保険協会(協会けんぽ)福島支部(斎藤博典支部長)は本年度から、福島労働局や連合福島、経営者団体、金融機関と連携して「健康事業所宣言」事業を開始した。福島県内事業所の社員の健康状態改善を図り、人材確保などにもつなげたい考え。宣言した事業所は、高血圧や禁煙対策など、ニーズに合わせた支援を受けられるほか、提携金融機関との取引きで金利が優遇される。今後、優良事業所の表彰や個人健康管理のためのインターネットを使ったサービスも実施する予定。協会けんぽが各団体と一体となって健康経営を推進するのは、全国的にも初めて。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ