ホーム > >労働関連ニュース > 非正規の能力開発に本腰を――雇用政策研が人口減少で提言

非正規の能力開発に本腰を――雇用政策研が人口減少で提言

2015年6月15日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省の雇用政策研究会は、拡大する非正規労働者の能力開発の重要性が高まっているとする検討報告書案を明らかにした。雇用者の約4割を占める非正規の能力開発機会が少ないことは、日本全体の人的資本蓄積の減少、生産性低下、企業収益の下落につながりかねないと警鐘を鳴らしている。非正規を3タイプに分類し、それぞれのニーズに合った能力開発に取り組むよう訴えた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ