ホーム > >労働関連ニュース > 同一労働同一賃金法が成立へ――今国会・与党など提出

同一労働同一賃金法が成立へ――今国会・与党など提出

2015年7月 6日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

自民党、公明党、維新の党は、3党共同で「同一賃金同一労働推進法案」を今国会に提出した。労働者の職務に応じた待遇の確保についての「基本理念」を定めるとともに、国の責務を明確化するとしている。雇用形態にかかわらず職務に応じた待遇を確保するほか、労働者の意欲と能力に応じて希望する雇用形態により就労する機会が与えられるようにする。国は、同法施行後3年以内に派遣労働者の均等・均衡のとれた待遇について、派遣元・先に対する規制を設けるとしている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ