ホーム > >労働関連ニュース > 運送業の労災防止へ荷主団体巻き込み共同宣言――神奈川・藤沢地区

運送業の労災防止へ荷主団体巻き込み共同宣言――神奈川・藤沢地区

2015年7月13日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

神奈川・藤沢労働基準監督署管内では、陸上貨物運送業での労働災害防止を図るため、同地域の荷主側2団体とトラック事業者団体がこのほど共同宣言を作成、調印した=写真。共同宣言は、3団体が3年前から継続的に協議を重ねてきた成果としてまとめた。トラックドライバーの主に荷役作業中の労災減少に向け、運送契約の書面化推進やフォークリフトの適切な使用の徹底など7カ条で構成している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ