ホーム > >労働関連ニュース > ハイヤー・タクシー業 初の安全衛生大会開く――東京都内6労基署

ハイヤー・タクシー業 初の安全衛生大会開く――東京都内6労基署

2015年8月17日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京都内6労働基準監督署は合同で、ハイヤー・タクシー業を対象とした安全衛生推進大会を初めて開催した。同業種での労働災害が近年増加傾向にあることが背景にある。大会では、労災の3分の2を占める交通事故や、高齢労働者に多くみられる転倒の防止対策を解説。右左折などの合図を早めに出すことや、ドライバー一人ひとりのKY活動の励行を訴えた。企業による安全活動の好事例発表では、危険予知トレーニングの方法などを披露している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ