ホーム > >労働関連ニュース > 健康経営推進へアドバイザー制創設へ――経産省などが協議会

健康経営推進へアドバイザー制創設へ――経産省などが協議会

2015年8月24日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

政府は来年度、経営的視点から従業員の健康管理を実践する「健康経営」を中小企業に普及させるため、「健康管理アドバイザー制度」を創設する。このほど経済産業省や厚生労働省、東京商工会議所などによる協議会を設置し、制度内容の検討を開始した。東商において、講座を修了した社会保険労務士などを同アドバイザーの有資格者として認証する方向だ。有資格者を企業に派遣し、健康増進活動の進め方などを助言する。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ