ホーム > >労働関連ニュース > 大手外食チェーン・エリア管理者ら16人送検――大阪労働局・過重労働撲滅特別対策班

大手外食チェーン・エリア管理者ら16人送検――大阪労働局・過重労働撲滅特別対策班

2015年9月21日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(中沖剛局長)と京都労働局(森川善樹局長)は、違法な長時間労働を行わせた大手外食チェーン(株)フジオフードシステム(大阪府大阪市北区)と同社エリアマネージャーら16人を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で大阪地検と京都地検に書類送検した。関西地区にある同社の複数の店舗で、36協定を超えて労働者を1月当たり最長133時間以上の違法残業に従事させていた。タイムカードの打刻時間の改ざんも明らかになるなど、著しく劣悪な労務管理体制が長時間労働の温床となっていた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ