ホーム > >労働関連ニュース > 「団塊世代」の再就職を促進へ――厚労省28年度事業

「団塊世代」の再就職を促進へ――厚労省28年度事業

2015年10月26日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は平成28年度、65歳以上の高年齢者の就労支援対策を強化する。約660万人に及ぶ「団塊の世代」が昨年から65歳に到達しつつあることから、地方自治体や民間団体、シルバー人材センターなどと連携して企業への再就職を促進させる。全国の主要なハローワークにおいては、65歳以上の高年齢者の再就職を後押しする「生涯現役支援窓口(仮称)」を新設するとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ