ホーム > >労働関連ニュース > 運転士も積極的に登用――豊橋鉄道/女性活用策

運転士も積極的に登用――豊橋鉄道/女性活用策

2016年2月10日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

豊橋鉄道㈱(愛知県豊橋市、伊藤正雄代表取締役社長、198人)は、運転士を中心に現業職への女性登用を積極的に推進している。運転士には、女性専用の更衣室を設けたり、宿泊を含んだ勤務に対応できるよう仮泊室の整備を実施した。総合職における女性活用も進めており、将来の幹部候補として教育している。産前産後および育児中の女性の労働環境整備は、グループ全体で行うことで、柔軟な受入れ態勢を構築した。運転士の過労は事故につながりかねないことから、年次有給休暇の取得促進にも励んでいる。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ