ホーム > >労働関連ニュース > オリジナル絵本使用し教育――浅野製版所「若手社員育成・定着策」

オリジナル絵本使用し教育――浅野製版所「若手社員育成・定着策」

2016年3月10日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

広告制作などを手掛ける㈱浅野製版所(東京都中央区、浅野輝夫代表取締役、44人)では、工夫を凝らしたキャリア教育や研修、充実した福利厚生などにより若手の育成と定着が進んでいる。新入社員研修で一人ひとりに配る「ライフプランニング絵本」は、一般的に一生涯にかかる費用を考えさせる独自の教育アイテム。キャリアプランを意識させつつ、同時に長く正社員として働くことの重要性を説く。研修制度も充実しており、社員の特長は管理職同士で共有。部署を越えて長所を活かせる環境づくりをしている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ