ホーム > >労働関連ニュース > 原発事故収束作業 元請・1次下請へ団交命令――都労委

原発事故収束作業 元請・1次下請へ団交命令――都労委

2016年4月21日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京都労働委員会(房村精一会長)は、福島第一原発の事故収束作業における第4次下請の元従業員が、発注者である東京電力や元請~第3次下請事業者に作業内容変更に関する団体交渉を拒否された紛争で、元請と第1次下請の計2社の不当労働行為を認定した。両社の担当者が業務の決定・変更について具体的に指示を出していたため、労働組合法上の使用者に当たると判断し、団交応諾を命令した。同時に救済を申し立てた解雇問題に関する団交拒否については、上位の請負会社が元従業員の解雇を求めた事実がないとして、各社の使用者性を否定している。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ