ホーム > >労働関連ニュース > 第三次産業 全事業場で安衛方針表明へ――東京労働局

第三次産業 全事業場で安衛方針表明へ――東京労働局

2016年6月24日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京労働局(渡延忠局長)は、第3次産業の労働災害防止に向けた取組みを強化している。飲食店など重点業種の「全事業場における安全衛生方針の表明」を平成29年度までの目標に掲げ、指導・周知活動を徹底。このほど小売業、飲食店の本社約70社の担当者を集め、経営トップによる安衛方針の表明と、職場に潜む危険の「見える化」に取り組むよう呼びかけた。本社やエリアマネージャーによる店舗への指導強化も促した。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ