ホーム > >労働関連ニュース > 労政審メンバーを見直しへ――塩崎厚労相・検討の場を設置

労政審メンバーを見直しへ――塩崎厚労相・検討の場を設置

2016年7月 8日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

労働政策審議会のあり方を見直しへ――塩崎恭久厚生労働大臣は、「働き方改革」を安倍内閣における今後3年間の「最大のチャレンジ」と位置付けていることから、労働行政の方向性を決定する労政審の大幅見直しを進める方針だ。多様な働き方を推進するに当たって、必要な労働者からの意見が反映されていないのが現状と指摘。多様な意見がフェアに政策に反映されるようチャンネルを作り直すとした。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ