ホーム > >労働関連ニュース > 金融機関と連携し働き方改革――大阪労働局

金融機関と連携し働き方改革――大阪労働局

2016年8月25日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(苧谷秀信局長)は、大阪信用金庫(樋野征治理事長)との間で「働き方改革にかかる包括連携協定」を締結した。連携強化を図ることで、ワーク・ライフ・バランス(WLB)の実現や非正規社員の正社員転換などをめざす。まずは同信金の融資担当者を通じて国の助成金の活用を促進していく考え。10月に開催する働き方改革推進会議にも参画を求める。労働局と金融機関が協定を締結するのは全国で初めて。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ