ホーム > >労働関連ニュース > 上位職設けて無期化へ――コスモスイニシアが契約社員を一斉転換

上位職設けて無期化へ――コスモスイニシアが契約社員を一斉転換

2016年9月16日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

㈱コスモスイニシア(東京都港区、高木嘉幸社長)は、職域限定の無期雇用社員の雇用区分を新設し、これまで1年契約で活用してきた有期雇用社員を転換させた。職域ごとに2~3階層のグレード体系を整備したもので、上位グレードに昇格した人材にはチームリーダーの役割などを任せていく。評価・処遇面は正社員に準じた仕組みとなっており、目標管理に基づいて半期ごとに業績・プロセスを評価し、過去2年分の平均値で基本給の変動を行う。今年7月には契約社員およそ170人を一斉に無期雇用化し、新規採用も開始した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ