ホーム > >労働関連ニュース > 全国に非正規待遇改善センター――厚労省・29年度

全国に非正規待遇改善センター――厚労省・29年度

2016年9月23日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は平成29年度、全都道府県に「非正規雇用労働者待遇改善支援センター」(仮称)を新設する方針である。地域の商工会議所や社会保険労務士会などに事業委託し、中小企業からの要請に応じて同一労働同一賃金の実現や非正規雇用労働者の労働条件向上をバックアップする。コンサルタントが直接企業を訪問し、実態の把握から改善策の提案、改善後の検証作業まで、ワンストップで支援する構えである。制度の周知に向けたシンポジウムなども開催する予定としている。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ