ホーム > >労働関連ニュース > 正社員転換などで実践教育プログラム――厚労省・10本程度を新規開発

正社員転換などで実践教育プログラム――厚労省・10本程度を新規開発

2016年10月12日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、平成29年度において正規雇用転換をめざす若者や育児から職場復帰を望む女性、高度IT人材の育成などに必要な実践的教育訓練プログラムの新規開発に着手する方針である。1プロジェクト当たり2000万円を上限に、計10本の開発を予定している。わが国の持続的経済成長にとって、労働者一人ひとりのキャリア形成、労働生産性の向上が不可欠とみて、人材開発を強化する。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ