ホーム > >労働関連ニュース > 勤続1年で0.3カ月分アップ――解雇紛争解決金・厚労省検討会

勤続1年で0.3カ月分アップ――解雇紛争解決金・厚労省検討会

2016年11月10日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省内で、解雇無効時における金銭救済制度の検討が進んでいる。労働審判制度や民事訴訟上の和解において、解雇に関するほぼ全ての労働紛争が金銭で和解に至り、その金額は正社員の勤続年数が1年増すごとに0・3ずつ月収倍率が増加する傾向にある実態などが分かってきた。近年の裁判では、解雇を不法行為として、将来の就労見込みを含めた損害賠償額を認めるケースもあり、解決金水準にも影響しそうだ。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ