ホーム > >労働関連ニュース > 国交省と厚労省が建設業対策で連携強化――計110億円規模の人材確保事業

国交省と厚労省が建設業対策で連携強化――計110億円規模の人材確保事業

2016年12月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

 

国土交通省と厚生労働省は平成29年度、建設業における人材の確保・育成と魅力ある職場
づくりを後押しするため、連携・共同して予算要求し対策を推進する方針である。技能労
働者の高齢化が急速に進行しているなか、建設業が持続的成長を果たしていくには、関係
省庁が一体となって中長期的対策を打ち出す必要があるとしている。連携して予算要求し
ているのは、雇用管理制度の整備に向けたコンサルティング支援や社会保険加入促進事業
および各種助成金の拡充など、合計14事業、予算規模110億円を上回る

国土交通省と厚生労働省は平成29年度、建設業における人材の確保・育成と魅力ある職場づくりを後押しするため、連携・共同して予算要求し対策を推進する方針である。技能労働者の高齢化が急速に進行しているなか、建設業が持続的成長を果たしていくには、関係省庁が一体となって中長期的対策を打ち出す必要があるとしている。連携して予算要求しているのは、雇用管理制度の整備に向けたコンサルティング支援や社会保険加入促進事業および各種助成金の拡充など、合計14事業、予算規模110億円を上回る。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ