ホーム > >労働関連ニュース > 「3000円以上」の賃上げへ――金属労協17春闘

「3000円以上」の賃上げへ――金属労協17春闘

2016年12月16日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

自動車、電機、鉄鋼・造船など大手金属系メーカー労組の5産別でつくる金属労協(JCM・相原康伸議長)は12月2日、東京都内で第59回協議委員会を開催し、17春闘方針を決定した。底上げや格差是正に力を入れた16春闘と全体の枠組みは同じで、賃金については「3000円以上」の賃上げ(ベア)要求を行う方針。率換算だと1%で、5産別が一枚岩で要求に取り組む。大手・中小(正規・非正規)間の水準的開きを縮める一方、バリュー(サプライ)チェーン全体の付加価値循環運動も継続する。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ